助成金を受けた場合の確定申告はどうやってクリアするべきか

【助成金と確定申告】

どんな個人事業者も3月前半には確定申告を終わらせなければいけません。

その時に、助成金をどうやって仕分けするのか、悩みの種になることもあるでしょう。

個人事業者が、事業のために受けた助成金であれば、個人事業者の収入であることに間違いはありません。

個人事業者の場合には、法人とは異なりますので、確定申告の場合には十分注意が必要になります。

【基本として所得税の対象】

個人事業主の場合には、事業資金として公的な融資を受けることができます。

種類はそこまで多くはありませんが、助成金も補助金も存在し利用できるのです。

この場合には、支払利息を補助してくれる制度もありますが、この補助金も個人事業の週にとなる点にも注意が必要でしょう。

原則として、個人事業の場合には、事業活動に付随して直接受けることができる助成金のような形のものは、収入として申告することになるのです。

経費の補助として支給される助成金ではありますが、すべて所得税が課税される対象であるという事で考えておくといいでしょう。

この助成金で印鑑でも買えば、消費税も支払うことになりますので、非課税的な性格を持っていても、非課税ではないのです。

 

【特殊な課税になるときもある】

課税されるという事を考えると、助成金は課税された分だけ効果が減るということでもあります。

そのため、固定資産に関しては特殊な圧縮課税という方法も出てくることになります。

課税されてしまうことで、本来固定資産を取得する目的で出た補助金が、課税されて効果が減ったことで固定資産を取得できなくなってしまうことがあるからです。

特にすぐに受給されるわけではない助成金などですので、未収金としての会計もあるという事を確定申告の際には忘れないようにしましょう。

 

助成金は返還が必要のないもので、個人事業者にとっても重要性が高いのは間違いありません。

しかし、税金の課税も忘れないようにしなければいけないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>