NPOにとって生命線となる寄付金と助成金の違い

【NPOの資金調達】

NPOにとって資金調達は重要な活動です。

存続していくためには、どんな理念があっても資金がなければ不可能なのは、企業と変わりがありません。

資金調達の方法としては、寄付金で賄っていくべきではありますが、会費や補助金、収益活動も欠かすことはできないのです。

その中で、団体の趣旨に合うような形で活動を広げていかなければいけないといえるでしょう。

【寄付金と助成金】

寄付金と助成金という事を考えてみると、お金であり収益ということで違いはありません。

しかし、調達方法もその内容も全く別のものであるという事を言っておく必要があるでしょう。

 

寄付金は、定期的に入るお金とは違います。

活動に対して賛同してくれた人が提供してくれる資金ですので、いつどれぐらい集まるかは不確定です。

ある程度定期的に考えるのであれば、会費を考えておくほうがいいでしょう。

使い方にも制限がないため、寄付金のようにある程度高額な金額を集めたとしても活動を指定されたり、制限されたりすることがないからです。

見返りは期待されないものですが、指定されることがあるのが寄付金なのです。

 

【競争率が高い助成金】

寄付君に比べて、厚生労働省や民間団体が事業に対して支援目的で提供してくれる資金が助成金になります。

基本として活動に対する支援ですので、返金が不要になります。

申請ののち、一定の審査の結果によって受給できるようになりますが、その分だけ競争率が高く、どこでも得られるとは限りません。

確定している収益ではないという点では、寄付金に近い性格も持っています。

返金不要でどんなことにも使うことができる支援目的だからといって、署名し印鑑を使うのですから、使い方には責任を持たなければいけないことも確かです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>