複数の種類が必要になる会社印鑑とはどんなものがあるのか

【いろいろとある会社印鑑】

企業が活動をするうえで、会社印鑑は欠かすことができないものです。

信用をもって取引するためにも、しっかりした印鑑がなければいけません。

起業する時にも重要で、会社印鑑がなければ登録することもできません。

種類もいくつかありますが、複数作れるもの、必要に応じて選ぶものもあれば、個人の実印のように複数持つことができない会社印鑑もあるのです。

個人の印鑑同様に、重要な意味を持つものになりますので、正しく知っておくことが大切だといえるでしょう。

【会社のとって重要な実印】

色々と種類のある会社印鑑の中で、個人の実印同様に重要な意味を持つ実印は、個人の実印とは登録方法も扱いも異なります。

会社の代表者印にも当たる実印は、法務局に定款とともに提出しなければいけません。

これは義務付けされていますので、どんな会社であっても必ず1つ存在するのです。

色々な種類の実印がありますが、18mmの丸印が一般的に選ばれます。

 

実際には、会社印鑑はこれだけあれば運営していくことができます。

しかし、実印をあちこちに押すということは、それだけ高いリスクを抱えることになってしまうでしょう。

それでは困ってしまうため、ほかの銀行印や角印、認印を作ることとなるのです。

 

【銀行印と角印】

会社印鑑の中で、銀行の口座開設に使うのが銀行印です。

お金に関する大事な印鑑のため、認印とは別に作られ使われます。

一般的には、銀行取引以外は表に出ることのない印鑑です。

 

角印は、会社の名前の入った印鑑で、代表印を押すほどのことはない場合に使われます。

重要な書類には押されませんが、この角印を押したことでそれ以上の加筆ができないようにしたりする効力も発揮させることができます。

 

個人同様に、認印や横判とも言われるゴム印も会社印鑑として使われることの多いものです。

これらの印鑑は、複数作られることもありますので、重要な書類には絶対に使われません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>